メインビジュアル

スーツは裏地や重さで最適な季節が異なる

スーツを着用する時には、季節を意識する事は重要です。昔、ある営業マンは夏の暑さに辟易していました。その時に着用していたジャケットは、熱がこもってしまって大変だったそうです。ですが熱がこもるのも当然で、裏地の多いものを着用してしまっていたのです。実は、裏地は季節とは大きな関係があります。

まず冬や秋などは、当然熱が逃げないような紳士服が好ましいものです。熱が逃げてしまうと、肌寒い季節なのに寒くなってしまうからです。熱を逃げないようにするためには、裏地を用いるのが重要です。そのため、これらの時期の紳士服には総裏地の服が多く見られます。ところが、夏のスーツで熱が逃げないようにされると逆に困ってしまいます。それよりは熱が逃げやすいように加工された紳士服の方が好ましいものです。このため、脇の下などには裏地が使用されていなものが多く見受けられます。また背中には裏地が全く使用されていないものも夏向けです。つまり、スーツがどの時期に対して適切なものとなっているかは裏地が一つの判断基準となってくるわけです。

なお、スリーシーズンという紳士服も存在します。どの時期に対しても対応ができる紳士服です。ただ、最近の裏地は薄型のものも多く見られます。そのため夏用の紳士服なのに裏地がふんだんに用いられているケースなども有ります。裏地よりも、1平方センチメートル当たりの重さなどで夏用や冬用などを分けているケースも多いですね。このように、紳士服は裏地や重さなどで適切な時期も異なるという事になります。

 スーツにふさわしいジュエリーとは?

 組曲のアイテム探すなら!